ほうれい線を消す方法

鼻の両脇から口元にかけてできるほうれい線。30代後半くらいからできはじめるしわで、もっとも目立つ上に老けた印象をもたれてしまう厄介なトラブルでもあります。エイジングケアでもこのしわをうまく消す、目立たなくさせることができるかどうかが大事な鍵となります。

ほうれい線の原因は頬のたるみ

しわ取りクリームおすすめほうれい線

このほうれい線は頬のたるみがおもな原因となって生じます。

 

笑みを浮かべたときにこの部分にしわができるわけですが、若いころには肌を支えるだけの十分なハリが合ったので表情が戻るとしわも見えなくなるのですが、年齢を重ねて肌を支える力が低下していくにつれて頬のたるみが進んでしわが戻らない状態になってしまうのです。

 

もともと頬の脂肪が多い方はしわと一緒にたるみも目立つようになるので厄介です。

 

ですからまず頬を支える力が低下した状態を改善するのがほうれい線を消す第一歩となります。老化がおもな原因ですからスキンケアでアンチエイジングを行うのはもちろん、保湿対策も忘れないように心がけましょう。

 

老化が進むと肌が乾燥しやすくなり、その影響でバリア機能が低下するとともに紫外線のダメージを受けやすくなります。このダメージで活性酸素が増加して老化がますます進んでしまうばかりでなく、真皮層で肌を支えているコラーゲンとエラスチンが破壊されてしまう問題が生じます

 

保湿と紫外線対策はほうれい線だけでなく肌全体のたるみ対策における最大のポイントといってもよいでしょう。

ほうれい線の解消には表情筋エクササイズが効果的

しわ取りクリームおすすめほうれい線

なお、スキンケアでは真皮層のコラーゲンとエラスチンを増やすため、体内での生成量を増やすビタミンCやレチノール、ビタミンEといった成分の補充もポイントです。

 

それからエクササイズ。表情を形作るときに肌を動かし、支える表情筋が衰えるのもたるみとほうれい線の大きな原因です。この対策には表情筋トレーニング・エクササイズが有効です。割り箸を横にくわえた上体で「い」を発音する口を形作ったうえで30秒ほどキープする体操が効果的です。

 

また口の中で下と歯茎の間で舌をまわす「ベロ回し体操」もほうれい線を消す方法として注目されています。これらの対策はどれもお金もかからず簡単にできる方法なので試してみるとよいでしょう。

 

あとは血行不良が原因でターンが乱れたり、むくみが生じることでほうれい線ができやすい状態になっているケースもあるのでリンパマッサージで血行とリンパの流れを促してみましょう。皮下に蓄積した余分な水分や老廃物の排出を促すだけでもだいぶ違ってきます。

 

老化は避けられないものですが、こうした対策を日々の生活の中で地道に続けていくことでほうれい線ができにくく、目立ちにくい環境を維持できるはずです。

 

乾燥による小じわをうすくするには

乾燥による小じわは細かくたくさんできるのが大きな特徴です。表面がカサカサに乾燥している部分にできやすく、とくに目じりや口元などによく見られます。原因が乾燥ですから、うすくするめには保湿対策をいかに効果的に行っていけるかがポイントとなるのは言うまでもありません。

乾燥は年齢と共に肌内部の保湿成分が減少するのが原因

しわ取りクリームおすすめ乾燥小じわ

乾燥は老化と切っても切れない関係にあります。肌の角質層にはセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった水分を保持する働きを持つ保湿成分が含まれているのですが、30歳に達するころからその含有量が減少をはじめるため乾燥しやすい環境になってしまうのです。

 

スキンケアに保湿対策をとりいれていない女性は少ないと思いますが、年齢と老化の進行状況に合った保湿対策を行わないと十分な効果が期待できないのです。

 

しっかり保湿で乾燥対策を行っているはずなのに小じわが増えてきた、という方はスキンケアで補う保湿成分の量では老化によって減少していく量をカバーしきれなくなっている可能性があります。スキンケアの基本から見直してみる必要がありそうです。

 

それから誤ったスキンケアが乾燥を加速させてしまっている可能性もあります。たとえば洗顔の際に肌に合わない洗浄力が強すぎる洗顔料を使用したり、ゴシゴシと強くこすって洗ったりしてしまうとセラミドや皮脂膜を形成している皮脂まで除去してしまい乾燥を加速させてしまいます

 

これも老化の影響で若い頃は問題なかった洗顔方法が年齢を重ねると負担をかけてしまうようになるため、現在の肌環境にあったスキンケアを心がけることが大事です。

乾燥小じわのケアには保湿成分の浸透率を向上する処方がされた化粧品を選ぶ

しわ取りクリームおすすめ乾燥小じわ

またスキンケア製品を選ぶ際には有効成分の浸透性と持続性にも着目しましょう。たとえばセラミドやヒアルロン酸はもともと分子量が多いため、ナノ化の技術で分子量を小さくした形で配合した製品のほうが浸透しやすく高い効果が期待できます

 

またセラミドの場合は原材料や性質によっていくつかの種類に分けられるため、現在もっとも浸透性に優れているといわれるヒト型セラミドが使用された製品を選ぶようにしましょう。

 

こうしたスキンケアの基本を踏まえておくだけでも感想による小じわ対策を効果的に行っていくことができるでしょう。そしてもうひとつ、絶対に忘れてはならないのが紫外線対策です。紫外線を浴びると活性酸素が増加し肌の老化を加速させてしまいます

 

保湿対策と合わせて紫外線対策をしっかり行っていきましょう。乾燥して刺激に敏感になっている肌だとUVカット効果の高い日焼け止めを使用すると負担をかけてしまう恐れもあるため、日傘や帽子など直接日差しをさえぎることができるアイテムを使用するのもおすすめです。

表情じわの効果的な改善方法

表情じわは顔にできるしわの中でももっとも対策が難しいもののひとつです。何しろ深く刻まれてしまうため、一度できてしまうとなかなか目立たなくさせることができないのです。

表情ジワを改善するには肌のハリの低下を防ぐのがポイント

しわ取りクリームおすすめ表情じわ

笑顔を浮かべたとき、また眉をしかめたりしたときにできる表情じわはほうれい線や目じりのしわなどが代表格として挙げられます。

 

若い頃は表情を浮かべたときだけしわができて、表情を引っ込めればしわもなくなります。しかし年齢を重ねていくにつれてそうしたしわが表情を浮かべていないときにも深く刻まれて残ってしまうわけです

 

ですから改善するためにはそうした環境をもたらす要因をひとつひとつ改めていく必要があります。

 

最大のポイントは肌のハリの低下をうまく改善していくことができるか、です。肌にハリや弾力、柔軟性がある場合には表情じわも一時的にすぐに元の状態に戻ります。しかしこれらが失われていくと元にもどらずにそのままの状態になってしまうのです。

 

またほうれい線のようにハリの低下で頬がたるむようになった結果としてしわが深くなるケースもあります。

 

このハリの低下に関してはまず真皮層で肌を支えているコラーゲンとエラスチンを補うことが最大の鍵です。この2つの成分は加齢の影響で含有量が減少していくほか、紫外線のダメージで破壊されてしまうことでハリの低下の原因となります。

表情ジワを効果的に改善するには体内でコラーゲンとエラスチンを増やす

しわ取りクリームおすすめ表情じわ

紫外線対策については日焼け止めなどでダメージを防ぐだけでなく、保湿対策によるバリア機能の改善も大事なポイントです。バリア機能が低下していると紫外線のダメージが角質層を通り抜けて真皮層にまで達してしまいやすくなるからです。

 

コラーゲンとエラスチンを補う際に注意したいのはスキンケア製品で直接肌に塗付しても真皮層にまでは浸透しないことです。ですから体内での生成を促すような対策が求められます。ビタミンC誘導体やレチノールなどの成分をスキンケア製品やサプリメントなどでうまく補っていきましょう。

 

もうひとつ表情じわ対策で大事なのが表情筋の強化です。肌を支え、動かして表情を形作る顔の筋肉も老化とともに衰えていきます。それを防ぐため意図的に筋肉を使ってトレーニングし、支える力を改善することでたるみと表情じわの両方の対策に役立てることができます。

 

「あいうえおトレーニング」などネット上に表情筋トレーニング、エクササイズの方法がいろいろと取り上げられているので調べたうえで実際に試してみるとよいでしょう。

 

あとは眉間のしわのように眉をしかめるなど表情のクセがしわの原因となっているケースもあるので、年齢を重ねて肌のハリが衰え始めたら知らず知らず浮かべている表情にクセも見直してみるとよいかもしれません。

マリオネットラインの効果的な解消法は

マリオネットラインとは口の両端から顎にかけて伸びるしわのことです。ちょうどぎこちなく口を動かして話す動きをする人形(マリオネット)を思わせることからこの名称がつけられました。

 

このマリオネットラインの最大の特徴はほうれい線と一緒にできるケースが非常に多い点です。頬がたるんでほうれい線ができるとともにマリオネットラインもできるため「二重ほうれい線」と呼ばれることもあります。

マリオネットラインのケアはほうれい線ケアと合わせて行うのが効果的

しわ取りクリームおすすめマリオネットライン

それだけにこのしわを改善していくためには頬のたるみとほうれい線対策がもっとも重要なポイントとなってきます。

 

ですから独立した対策として行うのではなく、ほうれい線対策とセットで行うのがおすすめです。

 

まずは頬のたるみを解消するためにも衰えた肌のハリを何とかしましょう。これは老化が大きな原因ですから、日々のスキンケアで保湿成分や抗酸化成分でエイジングケアをしっかり行うこと、そして減少してしまった真皮層のコラーゲンとエラスチンを増やす対策も併せて行っていきたいところです。

 

真皮層ではこの2つの繊維状の成分が網の目のように張り巡らさせることで肌を支えています。そのため老化や加齢で含有量が減ってしまったり、紫外線のダメージで破壊されてしまうとハリがどんどん低下していくのです。

 

この点に関しては直接コラーゲンとエラスチンを補うのではなくレチノールやビタミンCといった体内でこの2つの成分の生成を促す成分をうまく取り入れていきましょう。

マリオネットラインのケアには表情筋トレーニングもおすすめ

しわ取りクリームおすすめマリオネットライン

もうひとつは口周辺の筋肉を鍛えることです。この筋肉が衰えると顎にかけての肌がたるんでしまいますから、表情筋トレーニング・エクササイズで強化してみましょう。

 

お勧めは「あいうえお体操」。大げさに「あ」から「お」までを発音するときの表情を作ることで口周辺の筋肉を動かし、強化することができます。

 

割り箸を横にくわえた上体で「い」を発音する口の形を作る体操もお勧めです。

 

こうした日々の対策でどうしてもうまくいかない場合には美容外科での施術で解消することも可能です。もっとも効果的で負担も少ないのがヒアルロン酸注入です。

 

もともと体内に存在しているヒアルロン酸という成分を注入することでその部分のボリュームとハリをアップさせる効果が得られます。

 

安全性も高く、効果も半年〜1年程度持つのでどうしてもマリオネットラインを解消できずに悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。ともあれ、まずは毎日の生活でできる対策からはじめてみましょう。効果が得られればほうれい線の解消にも役立つので一石二鳥です。

ゴルゴ線を解消するには

目の下から口元にかけて斜めに走るしわのことをゴルゴ線(ゴルゴライン)と言います。ほうれい線と並んで老けた印象を与えやすいしわであるとともに、一緒にできることも多いので非常に厄介です。

ゴルゴ線はたるみの1種なので解消にはハリの低下をケアする

しわ取りクリームおすすめゴルゴ線

このゴルゴ線はしわというよりもたるみの一種といった方がよいもので、目の下から頬にかけての肌が垂れ下がっていくことで斜めにしわができていく形になります。

 

ほうれい線と一緒にできやすいのもそのためです。ですから解消するためには肌のたるみを改善し、弾力とハリがある状態を取り戻すことが第一となります。

 

ですから加齢とともに進んだハリの低下を改善するためにも真皮層のコラーゲンを補うスキンケアを心がけましょう。角質層の奥にある真皮層で肌を支えているコラーゲンは加齢はもちろん、紫外線のダメージによっても失われていきますから、紫外線対策も含めたケアが求められます。

 

注意したいのはスキンケア製品で直接肌にコラーゲンを塗付しても真皮層まで浸透しないことです。ポイントはコラーゲンを作っている線維芽細胞を活性化させて体内での生成量を増やすこと。

 

この細胞を刺激して活動を活性化させるレチノールやビタミンC誘導体、プラセンタエキスといった成分を毎日のスキンケアの中でしっかりと補っていきましょう。

 

紫外線対策については日焼け止めの使用はもちろん、バリア機能の改善も欠かせません。とくにセラミドが不足していると角質細胞の構造が乱れ、紫外線のダメージが肌の奥まで侵入しやすくなります。

ゴルゴ線解消には眼精疲労や血行不良にも注意する

しわ取りクリームおすすめゴルゴ線

保湿対策もしっかり行っていきたいところです。UVカット効果とセラミド補充の両方を備えたクリームがお勧めです。

 

こうしたスキンケア以外の対策もゴルゴ線の改善・解消では重要な鍵となります。この部分の肌は表情筋の影響や血行不良によるむくみが原因でたるんでしまうことが多いため、その対策も求められます。

 

この点で現代に生きるわたしたちがもっとも注意したいのは眼精疲労の影響です。長時間のパソコンやスマホによる疲れ目は目の周りの血行を悪化させてしまいますから、適度に目を休ませる習慣を心がけましょう。

 

また目の周囲の筋肉をほぐす眼輪筋エクササイズもお勧めです。方法は簡単で眼球を上下左右にグルグルまわすだけ、できるだけ目いっぱい広い範囲を見るよう大きくグルグルさせるのがポイントです。

 

これらの方法でゴルゴ線の解消・改善対策を行っていくことができます。日々の生活でのちょっとした工夫や心構えでずいぶんと違ってくるので意識して対策を生活習慣の中に取り入れていきましょう。

眉間のしわを上手に消すには

一気に老けて見られてしまうだけでなく起こったような、不機嫌な様子に見られてしまうのが眉間のしわです。はたから見ているとどうも近寄りがたく、魅力が大きく損なわれてしまう厄介なしわでもあります。一度できてしまうと深く刻まれてしまうことも多く、対策もなかなか難しい部分があります。

眉間は皮膚が薄くしわが癖になりやすい

しわ取りクリームおすすめ眉間皴

この眉間のしわを上手に消すには日々のスキンケアと心のケアの両方をうまく両立させていく必要があります。

 

眉間は表情の変化がもっともあらわれやすい部分、もっと行ってしまえば不機嫌な表情を浮かべていればいるほどしわができやすくなるのです。

 

顔のしわはほかの部位とは違って日ごろの表情がクセになってできるケースが見られます。年齢を重ねるととくに肌のハリが失われていく影響でクセができやすく、表情を浮かべたときにできるしわがそのまま残ってしまうことが多くなるのです。

 

笑ったときにできるほうれい線や目じりのしわはその代表格でしょう。眉間のしわもそれと同じ、ただ違うのは笑ったときではなく不機嫌なときや怒ったときにできる点です。またもともとこの部分の皮膚は薄いのでクセになりやすいという厄介な問題もあります。

 

ですからまずは顔をしかめるクセがないかどうかを確認し、思い当たる場合にはできるだけ穏やかな表情を心がけましょう

 

実際、悩みを抱えていたり苦しんでいる状態から解放されると驚くくらい眉間のしわが目立たなくなって穏やかな雰囲気になる人もいます。

 

また、30代後半以降で注意したいのは視力が低下して細かいものを見るときに無意識に眉をしかめてしまうケースです。

眉間のしわにはコラーゲン生成作用のある成分やストレスをためない環境も効果的

しわ取りクリームおすすめ眉間皴

スキンケアではコラーゲンの不足が肌のハリの低下をもたらしていることが多いのでうまく補いましょう。またビタミンCやレチノールといった体内でコラーゲンの生成を促す成分もお勧めです。

 

もうひとつ、思うように眉間のしわが消えない場合にはサージカルテープという秘密兵器もあります。これはもともと包帯やガーゼを留める際に使用する医療用のテープですが、これを眉間のしわの部分に貼り付けることでしわを伸ばして消すことができるというのです。

 

その際には2本のテープを左右に交差、つまり「×」を作る形で貼るのが基本です。肌に刺激を与えてしまう面もあるので注意が必要ですが、日ごろ眉をしかめるクセがある人の予防にも役立ちそうです。

 

実際の効果に関しては賛否両論ですが、お金もかからないので試してみてはいかがでしょうか。

 

あとは食生活や睡眠環境の改善を心がけて疲労やストレスを蓄積させない環境づくりも心がけたいところです。

首のしわは改善するには

首のしわは手のしわと並んでもっとも年齢をごまかしにくい部分といわれています。とくにこの部分は顔とのコントラストがはっきりと見られてしまうことが多いので要注意です。

 

顔のスキンケアはしっかり行って若々しさを演出できているのに首にしわがたくさん見られることで世代がバレてしまう、老けて見られてしまうといったことになりかねません。

首のしわの基本的な改善方法は紫外線対策

しわ取りクリームおすすめ首のしわ

そんな首のしわの改善はなかなか難しい部分もあります。さまざまな原因で生じる上に範囲が広いのでスキンケアが難しいからです。

 

ただやはり最低限のスキンケアは忘れずに行いましょう。その基本中の基本となるのが紫外線対策です。

 

顔の紫外線対策は日焼け止めやUVカット化粧品でしっかり行っているのに首筋のケアをないがしろにしてしまっているケースも少なくありません。

 

日焼け止めはしっかりと首までカバーするようにしましょう。また帽子や日傘などのアイテムで日差しを避ける場合には首筋にも紫外線が当たらないよう意識することも大事です。帽子はできるだけつばが広いものを選びましょう。

 

それから乾燥とバリア機能の低下への対策。加齢とともに進んでいく乾燥は顔だけでなく首筋にも見られます。

 

乾燥が進んでバリア機能が低下したところに先述した紫外線のダメージが加わるとますます老化が進んでしまいますし、マフラーやストール、コートの襟との接触がもたらす刺激が負担をかけてしまうこともあります

パソコンやスマホなどを長時間見るのも首のしわに繋がる

しわ取りクリームおすすめ首のしわ

肌が乾燥しがちな方はこの部分の保湿対策もしっかり行いましょう。スキンケア製品だけでなく蒸気を当てるタイプの美顔器などもお勧めです。

 

肌を支える筋肉が衰えるのもしわの大きな原因です。表情筋がもたらす顔のしわと同じ理屈ですが、首の場合は長時間のデスクワークやスマホなどで同じ姿勢を続けることで筋肉が硬直しやすい状況にあります

 

さらにうつむいた姿勢で使用することが多いスマホの場合、顔を下に向けた時にできるしわがそのままクセになってしまうこともあります。ですからパソコンやスマホを長時間行う習慣がある方は適度な首筋をほぐし、しわをクセにしないよう対策をしっかりと行っていくことが求められます。

 

あとはマッサージも手軽にできる改善策としてお勧めです。筋肉の硬直とともに血行も悪化してしまいますからストレッチとマッサージでうまくほぐすことで効果がきたいできるのです。また鎖骨部分にリンパが集まるリンパ節があるのでこの部分に向かって押し流す形でリンパマッサージを行うのもよい方法です。

おでこのしわは消すには

おでこは顔の中でももっとも皮膚の面積が広く、しわができやすいとともに目立ちやすい部分なので対策が特に大事です。この部分にしわができてしまうと一気に老けて見られてしまうだけにエイジングケアにおける最大のテーマともなるでしょう。

おでこのしわの原因は紫外線や表情の癖

しわ取りクリームおすすめおでこのしわ

そんなおでこのしわを消すにはまずどうしてしわができてしまうのか、その原因や特徴を把握しておくことが大事です。まず最大のポイントが紫外線の影響です。場所的に紫外線を受けやすい部分ですから、日ごろからしっかりと日焼け止めなどによる紫外線対策が必要です。

 

とくに老化が加速してしわが目立ち始める30代後半になるとバリア機能の低下でこれまで以上に紫外線のダメージを受けやすくなるため、老化の状況に合わせた対策が求められます。

 

夏場の日差しが強い時期などは日焼け止めだけでは十分な効果が得られないこともあるので帽子や日傘なと直接日差しをさえぎるグッズもうまく取り入れていきたいところです。

 

それからクセも見逃せない原因です。笑ったり、目を見開いたりしたときにおでこにしわができますが、年齢を重ねて肌のハリが失われていくにつれてそのクセがそのまま刻まれてしまうようになります。

 

とくに加齢で視力が低下すると目を見開いたり顔をしかめるといった表情で知らず知らずのうちにおでこにしわのクセをつけてしまっていることもあるので気をつけましょう。

おでこのしわを消すには表情筋トレーニングやコラーゲン生成を促す成分を摂り入れるのが効果的

しわ取りクリームおすすめおでこのしわ

こうした原因を踏まえたうえでうまく消していく方法を日々の生活の中で取り入れていくことになります。

 

自分でできる簡単な方法としては表情筋マッサージがまず挙げられます。皮膚を動かし、支えている表情筋が加齢に影響で低下するとたるみやしわの原因となるため、おでこの表情筋をトレーニングすることで予防・改善することができます。

 

目を大きく見開く、逆に思いっきり閉じる動作を繰り返すエクササイズでおでこの皮膚を支えている表情筋を鍛えることができるので試してみましょう。人前で行うのはちょっと恥ずかしい方法なので相応しい時と場所を確保したうえで行うのがおすすめです。

 

それからコラーゲンをうまく補うこと。真皮層で肌を支えるコラーゲンが減少するとハリが低下し、これまで挙げてきたように老化によるたるみや表情によるクセがつきやすくなります。

 

スキンケアで直接コラーゲンを補うだけでなく、ビタミンC誘導体やレチノールのように体内でコラーゲンの生成を促す成分を補うのもポイントです。ビタミンC誘導体には老化を防ぐ抗酸化作用もあるのでうまくとりいれていきたいところです。

 

コスメルジュ編集部が選んだしわ取りクリーム口コミランキング

しわ取りに使ってみたい人気のクリーム

one オールインワンクリーム

話題成分ユーグレナの美容パワーで小じわを解消するオールインワンクリーム
4,900円・税別/定期初回1,950円(2回目以降4,410円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

プレステージリンクル セラムクリーム

定期初回はなんと800円!乾燥小じわに800万本突破の大人気しわとりクリーム
7,000円・税込/定期初回800円(2回目以降3,480円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アドバンストリジュピネーションクリームEx(お試し)

アドバンストリジュピネーションクリームEx

保湿だけでは消えない口元のしわに!老化を感じやすい40代からのクリーム
10日間トライアルセット 1,620円・税込
(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!