手のしわの効果的な予防と改善方法は?

手は首筋と並んで年齢がもっとも現れやすい部分とも言われています。顔は毎日のスキンケアで対策を行うことで若々しい肌を維持できていても首筋と手にしわが多いと年齢がバレてしまうことが多いのです。とくに手のひらのしわは目立ちやすいのでエイジングケアにおける大事なポイントと言えます。

 

そもそも手のしわはどうしてできてしまうのか?効果的な予防と改善のためにもまず基本的なところから踏まえておきましょう。最大の原因はこの部分の角質細胞が老化・乾燥することによって表面に凹凸ができてしまうことです。

手の平は紫外線を浴びやすくしわができやすい環境にある

しわ取りクリームおすすめしわと手

とくに乾燥は角質細胞の水分が失われることでしぼんだ状態にしてしまうので要注意です。

 

この乾燥と老化をもたらすのが紫外線と日々のダメージです。手のひらは顔と同じくらい紫外線を浴びやすい部分です。

 

とくに夏場は長袖で腕の紫外線対策はしっかり行っているものの手のひらまではケアが行き届かないことが少なくありませんし、手袋を使っている場合でも何かを掴んだり作業する際にはどうして外して肌を露出する必要が出てきます。

 

細かな動きが必要とされる部分だけにつねに日差しから隠しておくことができないわけです。

 

とくに日中に自転車を運転している間はつねに紫外線に晒し続けることになってしまうためしわができる大きな原因になります。

 

紫外線に関しては日焼け止めで対策することができますが、手のひらまでしっかり塗っておく人は少なく、また塗付しても手を洗ったり何かに触ったりすることで効果が薄れてしまうため、十分な紫外線対策が得られないことがほとんどです

女性は水仕事によりダメージを受けやすくしわができやすい

しわ取りクリームおすすめしわと手

もうひとつは日々のダメージ、とくに女性の場合は食器洗いなどの水仕事が大きな問題となります。

 

冷たい水と洗浄力の強い洗剤に肌を晒し続けた結果ダメージが蓄積し、保湿成分が失われて乾燥がどんどん進行してしまったり、活性酸素の増加で老化が進んでしまうです。

 

こうした問題を踏まえたうえで適切な予防と改善を行っていくことになりますが、まずはやはり紫外線対策です。手のひらにもしっかり日焼け止めを塗ること、それもこまめに塗るのがポイントです。そして使いやすい手袋を使用して外さなくても細かな作業ができる環境づくりも心がけましょう。

 

洗い物の後にはしっかり水分をタオルでふき取ることで肌の水分の蒸発と乾燥を防ぐことができます。その後化粧水やハンドクリームで保湿を心がければ日々のダメージの蓄積による乾燥と老化の進行を防ぐことができるはずです。洗剤を使用する際にゴム手袋を使用して肌を守るのもよい方法です。

 

コスメルジュ編集部が選んだしわ取りクリーム口コミランキング

しわ取りに使ってみたい人気のクリーム

シワ取りクリームおすすめ

トリニティーラインジェルクリームプレミアム
累計397万個突破!セラミド55倍の圧倒的な保水力で乾燥による小じわを解消
3,800円・税別/定期初回1,900円税抜(2回目以降3,693円税込)
>>公式HPで詳しく見てみる!
B.A ザ アイクリーム(目元クリーム)

BAザアイクリーム

2016年@コスメ・アイケア第1位!最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!
アドバンストリジュピネーションクリームEx(お試し)

アドバンストリジュピネーションクリームEx

保湿だけでは消えない口元のしわに!老化を感じやすい40代からのクリーム
10日間トライアルセット 1,620円・税込
(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!