紫外線によるしわの予防と改善

紫外線はしわの大敵、そしてその対策はエイジングケアの基本中の基本ともいえます。紫外線を浴びるとそのダメージから皮膚を保護するために活性酸素が増加し、それが細胞を酸化させて老化の原因となってしまうのです。

 

いくら抗酸化成分で老化対策を行っていても紫外線対策をしっかり行っていないと十分な効果が得られずどんどん老化が進行してしまう恐れさえあります。

紫外線対策で最も重要なことは予防

しわ取りクリームおすすめ紫外線シワ

そんな紫外線によるしわ対策ではとにかく予防が第一です。日ごろから日焼け止めでしっかり紫外線から皮膚を保護する対策を行っておきましょう。

 

その際知っておきたいのが日焼け止めに必ず記載されている「PA」と「SPF」という数値です。

 

この数値が高ければ高いほど優れた紫外線対策効果があるわけですが、具体的にどれだけ効果が期待できるのかを知っておくことでケースバイケースでうまく活用できるようになります。

 

「PA」とはUVAを防御する効果を示す数字です。地上まで届く紫外線にはUVAとUVBの2種類があり、そのうちUVAは波長が短く真皮層にまで届くためしわの原因になるといわれていますから、しわ対策を重視して紫外線対策を行う際にはこのPAの値をよくチェックしておきましょう。

 

日常の外出程度ならPA+程度で大丈夫ですが、長時間の外出や旅行などの際にはPA++、海水浴やスキーなどとくに日差しを浴びる機会が多い場合にはPA+++とさらに高いレベルの数値が求められます。

 

なお、SPFはUVBを防ぐ効果を示す数値ですが、しわ対策にはまったく関係がないというわけではなく、日焼け止めの効果を確認する目安になります。こちらには日常の外出ではSPF20〜30程度、レジャーなどの屋外での外出ではSPF50レベルが一般的です。

 

ただ、日焼け止めによる紫外線対策で注意が必要なのは効果の高い製品を使っていればよいとは必ずしもいえない点です。なぜなら効果が高い日焼け止めほど肌への刺激が強くなるからです。

紫外線を予防するだけでなく日焼けした場合も適切なケアが大切

しわ取りクリームおすすめ紫外線シワ

ですから日差しを浴びる時間や日差しの強さに合わせて適した製品を使い分ける工夫をしましょう。複数の日焼け止めをストックしておいてレジャーの際にはこれを、日ごろの外出の際にはこちらを、といった決めておくとよいでしょう。

 

また、肌への負担を抑えるためにも日焼け止めだけでなく帽子やサングラス、日傘、長手袋といったグッズもうまく活用したいところです。

 

これらのポイントはしわの予防だけでなく、すでにできてしまったしわがこれ以上増えたり深く刻まれるのを防ぎ、スキンケアの改善効果を高めるためにも重要です。

 

紫外線を浴びてしまった後のケアも忘れないようにしましょう。日焼けした場合には化粧水で整えて保護する、美容液で保湿をするといったケアが不可欠です。

 

また、紫外線の影響で深いしわができてしまった場合には体内でコラーゲンを増やし、ターンオーバーを活性化させる対策が必要です。

 

ビタミンC誘導体やレチノールといったコラーゲンの生成を促す成分、プラセンタ、EGFといったターンオーバーを活性化させる成分を日々のスキンケアの中で取り入れてみましょう。

ダイエットによるしわの予防と改善

ダイエットによるしわには2つのタイプがあります。ダイエットを行うことによってしわができてしまうパターンと、ダイエットに成功したのはいいもののその結果としてできてしまうパターンです。

急激なダイエットは伸びていた皮膚が垂れてシワになることがある

しわ取りクリームおすすめダイエットしわ

後者のパターンで多いのはもともと太めの方が急激に体重を減らしたことで伸びていた皮膚が垂れ下がってしまうケースです。

 

無理なダイエットを行った際に起こりやすいので体に負担をかけないペースでじっくりと体重を減らしていく適切な方法を心がけることが最大のポイントです。

 

このパターンでしわができてしまうと改善が難しいので予防を心がけましょう。

 

よく見られるのは前者のケース。頑張ってダイエットを行っている過程でしわができやすい環境を作ってしまうのです。とくに極端な食事制限を行った際に見られるので要注意です。

 

このパターンでしわができてしまう最大の原因は栄養不足です。皮膚はターンオーバーを繰り返しながら正常な状態を維持しています。

 

新しい皮膚と古い皮膚がつねに入れ替わり続けることで若々しく健康な肌を保つ続けているわけですが、当然皮膚は何もない状態から作られるわけではありません。

 

たんぱく質・アミノ酸を原材料に作られるため、食事制限でこれらの成分が不足しているとそもそも原料が不足しているので健康な肌が作られにくくなってしまうのです。とくにダイエットの際には「たんぱく質は太る」とのイメージから摂取量を減らしてしまうのでこの罠にはまってしまいがちです。

ダイエットによるストレスがビタミンCを消費しシワを作る老化の原因になる

しわ取りクリームおすすめダイエットしわ

また原材料を摂取すればよいわけではなく、摂取したたんぱく質・アミノ酸を皮膚へと代謝するためのビタミンB群も欠かせない成分です。それだけに栄養バランスがとれた食生活が求められるわけです。

 

もうひとつ見逃せないのがダイエットがもたらすストレスの影響です。食べるのを我慢する、辛い運動を続けるといったダイエットの過程がストレスをもたらしてしまうことも少なくありません。

 

それが蓄積すると活性酸素が増えてしまうほか、体内のビタミンCを大量に消費してしまうため肌の老化の原因を作ってしまいます

 

このように美容のためにがんばって行っているダイエットがかえってしわの原因を作ってしまうケースも非常に多いのです。予防と改善というよりも相応しい形でダイエットを行っていくこと、体に負担をかけるような方法は避けることが美容と健康を両立していくうえでの最大のポイントとなるでしょう。

 

どうしても短期間で効果を実感したいことから無理なダイエットに走ってしまいがちですが、じっくりと時間をかけて地道に取り組んでいける方法、そしてスキンケアと両立できる方法を選びましょう。

 

しわを生む間違えたスキンケア

しわ対策には日々のスキンケアが欠かせませんが、じつは間違ったケアを行っていることで老化が悪化してしわをみすみすできやすい環境にしてしまっているケースも見られます。

汚れを落とそうと過剰なスキンケアは却ってシワの原因になる

しわ取りクリームおすすめスキンケアしわ

そんなしわを生む間違ったスキンケアの代表格が「過剰なケア」です。とくに現代人は清潔意識が過剰気味なので洗顔に注意しましょう。

 

汚れを落とそうと一生懸命洗ったり、肌に合わない刺激の強い洗浄成分が配合された洗顔料を使用することで肌に負担をかけてしまっている可能性があります。

 

洗いすぎると汚れだけでなくセラミドまでも洗い流されてしまうので乾燥が加速していきますし、バリア機能が低下することで紫外線などの外部からの刺激を受けやすくなります。

 

すると表面がかさかさになって小じわができやすくなるほか、ちょっとした刺激に対して活性酸素が増加して老化がどんどん進行していってしまうことになるのです。

 

この点はクレンジングでも同じことが言えますから、しわ対策を行う場合には肌に負担をかけずにクレンジングができる範囲内でメイクをする工夫も心がけましょう

 

アイメイクなどはどうしても濃くなりがちですが、目元の皮膚は薄いので濃いメイクを落とす際のクレンジングでダメージを与えてしわができやすい環境を作ってしまうリスクが非常に高くなります。

しわができるスキンケアの原因は添加物が入っている化粧品を使用している事

しわ取りクリームおすすめスキンケアしわ

それから刺激の強いスキンケア製品を使用しているのもよくあるパターンです。市場に出回っているスキンケア製品の中には製造コストを抑えるため、あるいは多くの有効成分を配合するために添加物が配合されているものがあります。

 

単に香りや見栄えをよくするための合成香料や合成着色料が使用されているものもあり、こうした添加物が有効成分の効果以上に肌にダメージを与えてしまっているケースも多いのです。

 

とくに美容液に添加物が含まれていることが多いので製品を選ぶ際には注意しましょう。

 

その美容液に頼ったスキンケアも間違いの元です。老化で肌のバリア機能が低下すればするほど、また保湿効果や抗酸化作用などさまざまな効果が必要になればなるほど幅広いアプローチでのケアが求められます。

 

抗酸化対策は美容液で、保湿対策はクリームで行うなどの役割分担をうまく行いましょう。美容液だけに頼りすぎるとどうしてもたくさんの美容成分が配合されている製品を選んでしまい、先に挙げたように添加物が多く含まれているなど刺激の強いものを選んでしまいがちです。

 

ほかにもエタノールが配合されている化粧水などもしわ対策のスキンケアでは避けたいポイントです。まずは肌に負担をかけないスキンケア環境からしわ対策をはじめてみましょう。

しわを作りやすい食事と作りにくい食事

しわができやすいかどうかは食生活も大きく影響します。現代人は栄養バランスが乱れやすいと言われますが、食生活が知らず知らずのうちにエイジングケアの足を引っ張ってしまっている可能性もあるのです。

しわを作りやすい食事は栄養バランスが偏っている

しわ取りクリームおすすめ食事としわ

まずしわを作りやすいのはやはり栄養が偏った食事です。好きなものばかりを食べている、野菜が少ないといった環境では栄養のバランスがとれず肌環境にも影響してしまいます。

 

具体的には甘いものや脂っぽいものばかりを食べていると血液がドロドロになってしまい、血行不良やターンオーバーの乱れを引き起こします。肉類が多く動物性脂肪の摂取量が多い方も要注意です。

 

一方しわを作りにくい食事ではビタミンを効果的に摂取できる環境が理想的です。

 

「万能の美容成分」と呼ばれるビタミンCはレモンをはじめとした柑橘類に多く含まれているので摂取を心がけてみましょう。なおこのビタミンCは体内で合成することができず必ず外から補い続ける必要がある成分でもあります。

 

さらにストレスが蓄積すると大量に消費してしまうため、日ごろからストレスをためやすい方は食事でうまく補う環境づくり心がけましょう。柑橘類以外ではキャベツやカリフラワーなどの野菜でも摂取が可能です。

 

ビタミンではビタミンC同様抗酸化作用に優れたビタミンEもおすすめです。このビタミンは野菜よりもナッツ類や大豆製品、植物油、玄米などで摂取しやすいので日々の食生活の中でうまく工夫しながら取り入れていきましょう。しわ対策の基本となる老化対策と関わる成分だけに重要です。

シワを食事で予防するにはビタミン群やポリフェノールが効果的

しわ取りクリームおすすめ食事としわ

健康な皮膚と粘膜を作り維持するために必要なのがビタミンB群とビタミンAです。これらの成分が不足しているとターンオーバーが乱れやすくなるなどしわができやすい環境にも影響してきます。

 

ビタミンB群は豚肉やうなぎ、たらこ、レバー、牛乳などに含まれています。こちらもビタミンE同様野菜以外の食品で摂取できるので気をつけましょう。ビタミンAもレバーで摂取できるほか、にんじんをはじめとした野菜に多く含まれています。

 

若々しさを維持したいならポリフェノールの摂取も欠かせません。大豆製品に含まれている大豆イソフラボンが有名ですが、ほかにもお茶に含まれているタンニンとカテキン、ごまに含まれているリグナン、ブルーベリーに含まれているアントシアニンなどもしわ対策に役立つポリフェノールとして有名です。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンのバランスを維持するのにも役立ちますから、更年期を迎えた女性にとってはしわ対策だけでなく広く更年期障害の予防・改善にも役立ってくれるでしょう。

しわを生みやすい生活習慣

しわができやすい人とそうでない人がいますが、その違いは体質や遺伝ではなく生活習慣が大きく関わっているケースが多いようです。しわができやすい環境で暮らしている人と、そうでない人で大きな差が出てくるのです。これはスキンケアを行っているかといった問題だけでなく、広く日常生活全般にいえます。

しわを生みやすい生活習慣は紫外線や食生活が関わっている

しわ取りクリームおすすめ生活習慣としわ

そんなしわを生みやすい生活習慣の筆頭が紫外線を浴びやすい環境です。日ごろから外出する機会が多い方、日差しを浴びる機会が多い方はその分皮膚の老化が進みやすく、しわができやすくなります。

 

とくにほうれい線をはじめとした深く刻まれるしわができやすいのが特徴です。夏場の海水浴や冬場のスキーなどレジャーに行く機会が多い方も要注意です。

 

外出を避ける生活習慣を心がけるのはちょっと難しいでしょうから、自分が紫外線を浴びている環境に相応しい対策をしっかり心がけましょう。

 

それから食生活。栄養バランスが偏っていたり、ダイエットで極端な食事制限を行っていると正常なターンオーバーに必要な栄養を確保できなくなってしわができやすくなります

 

とくに皮膚の原材料となるアミノ酸とたんぱく質、健康な皮膚と粘膜が作られるのに欠かせないビタミンB群、ビタミンAなどが不足した食生活を送っているとしわができやすい肌環境になるので要注意です。

 

また女性の場合は鉄分と亜鉛の不足が血行不良やホルモンバランスの乱れといったしわとも深く関係する問題を引き起こすことがあるのでバランスの取れた食生活を心がけましょう。

睡眠環境や頬杖などもしわができやすくなるので注意する

しわ取りクリームおすすめ生活習慣としわ

睡眠環境も現代人によく見られるしわができやすい生活習慣のひとつです。これには2つのポイントがあり、ひとつは十分な睡眠が取れないことによるターンオーバーの乱れ、もうひとつは就寝中の姿勢でしわができやすくなってしまうことです。

 

就寝中にはホルモン分泌が活発になるターンオーバーがもっとも活性化されます。そのため質の高い、深い睡眠が取れていないとターンオーバーが乱れて肌の衰えが進行してしまいます

 

また就寝中に横向きで寝たり、枕の高さが合わないと肌が重力の影響でたれやすくなりしわが癖になってしまう恐れがあります。

 

起きている間の姿勢にも気をつけましょう。たとえば頬杖をよくついていると皮膚の表面が延びてしまったり、しわができた状態でクセがついてしまいます。

 

さらに頬杖や足を組んだ姿勢を長時間続けていると骨格に歪みが生じることでしわができやすくなる面もあります。

 

このように日常生活のじつにさまざまな場面でしわができやすい習慣を抱えてしまうリスクが潜んでいます。一生懸命スキンケアを行っていてもこうした習慣を続けているとしわ対策の効果が十分に得られない可能性もあるので一度自分の生活環境を見直してみてはいかがでしょうか。

 

コスメルジュ編集部が選んだしわ取りクリーム口コミランキング

しわ取りに使ってみたい人気のクリーム

one オールインワンクリーム

話題成分ユーグレナの美容パワーで小じわを解消するオールインワンクリーム
4,900円・税別/定期初回1,950円(2回目以降4,410円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

プレステージリンクル セラムクリーム

定期初回はなんと800円!乾燥小じわに800万本突破の大人気しわとりクリーム
7,000円・税込/定期初回800円(2回目以降3,480円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アドバンストリジュピネーションクリームEx(お試し)

アドバンストリジュピネーションクリームEx

保湿だけでは消えない口元のしわに!老化を感じやすい40代からのクリーム
10日間トライアルセット 1,620円・税込
(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!