しわ対策はいつから始める?

しわ対策はできてしまってからでは遅い、と言われます。しわは急にできるわけではなく、肌や体が抱えている原因がジワジワと進行した結果としてあらわれますから、できてしまった段階では問題がかなり進んでしまっており、あわてて対策を行ったところで十分な効果が期待できないというのです。

 

ただ「できる前から対策をはじめよう」と言われてもどうやってタイミングを見計らえばよいのでしょうか?

しわ対策の始め時のタイミングの1つは年齢

しわ取りクリームおすすめしわ対策タイミング

まず年齢で判断する方法があります。よく「お肌の曲がり角」と言われますが、老化がしわの最大の原因ですから、肌が衰えはじめるといわれる20代後半〜30代前半が対策をはじめるひとつの契機といえます。

 

この時期になるとコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分の含有量が失われていくため、スキンケアで保湿対策を行っていくのが最初のしわ対策、エイジングケアとなるでしょう。

 

なお、年齢に関してはもうひとつ、30代後半〜40代前半も重要な転機です。30代の10年間には肌の曲がり角が二度訪れるとも言われており、少しずつ進行していた老化が36歳くらいから急速に進行していく傾向が見られます。

 

ですからこの年齢に入ったらそれまでの保湿メインの対策を改め、抗酸化成分による老化対策やターンオーバーの活性化といったより本格的なしわ対策を行っていく必要が出てくるでしょう。

 

老化の進行には個人差があるのでこれらの基準を目安にしたうえで自分なりにしわ対策をはじめるのに相応しい年齢を考えてみるとよいでしょう。

今までのスキンケアが合わないと感じ始めた時もしわ対策の始め時

しわ取りクリームおすすめしわ対策タイミング

もうひとつのポイントは肌の変化、シグナルを見逃さないことです。毎日のスキンケアを行っていればなんとなく「以前と違うな」と感じるようになりますし、以前までは何の問題もなかった毎日のスキンケアでは満足のいく効果が得られなくなるケースも見られます。そうした変化を見逃さずに老化がはじまりシグナルとして受け取るようにしましょう。

 

具体的には先述した保湿成分の減少による乾燥が挙げられます。スキンケアをしっかり行っているのにカサつきが気になるようになったら要注意、今まで使っていたスキンケア製品では保湿力が十分ではなくなりつつある証拠です。

 

またケアをした後にヒリヒリするようになった場合にも注意が必要です。乾燥と老化によるバリア機能の低下がスキンケア製品の肌への刺激を強めてしまっている証だからです。

 

無理して若いころ使っていた製品を使い続けていると肌への負担が蓄積して老化がますます進行してしまうこともあるので注意しましょう。

 

このように年齢と肌環境の変化の両方でしわ対策をはじめる時期を見極めることができます。ひとつだけ間違いないのは老化は誰にでも起こるもので、現実を受け入れたうえでそのつど適切なケアを心がけることでしょう。

 

コスメルジュ編集部が選んだしわ取りクリーム口コミランキング

しわ取りに使ってみたい人気のクリーム

one オールインワンクリーム

話題成分ユーグレナの美容パワーで小じわを解消するオールインワンクリーム
4,900円・税別/定期初回1,950円(2回目以降4,410円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

プレステージリンクル セラムクリーム

定期初回はなんと800円!乾燥小じわに800万本突破の大人気しわとりクリーム
7,000円・税込/定期初回800円(2回目以降3,480円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アドバンストリジュピネーションクリームEx(お試し)

アドバンストリジュピネーションクリームEx

保湿だけでは消えない口元のしわに!老化を感じやすい40代からのクリーム
10日間トライアルセット 1,620円・税込
(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!